オープンリール

オープンリールデッキのメンテナンス

こんなことは、ありませんか ?

* 片方のチャンネルの再生音が小さい
* 片方のチャンネルの録音ができない
* デッキ本体からキーキー音がでる
* 回転むらが出ることがある
* 早送り、巻き戻しがなんとなく遅い

対策と関連ビデオ

オープンリールデッキのヘッドは、使用に伴い必ず汚れます。
ヘッドやテープガイド、テンションアームの汚れは、音質の劣化や音量低下、テープ走行不良の原因になります。

対策 1 ヘッドを含むテープ走行系のよごれ

無水エタノール (薬局で購入可) を綿棒につけて、ヘッドやテープガイドの汚れを落としてください。 消毒用アルコールや燃料用アルコールは、ヘッドの錆びの原因になり使用は避けてください。

対策 2 テープ自体の経年劣化

経年劣化したテープを使用すると、再生音の音量の低下や高音が出なくなるなどの症状が発生します。ヘッドの偏磨耗やモーターの過負荷などの原因にもなります。このようなテープは使用を控えてください。

対策 3 劣化テープの一時的な復活方法

長期保存テープの復活レポートをご覧ください。
   ヘッド チェックミラーのご紹介

 
このページのトップへ戻る